左一軸打法でスイングを見直しましょう。

左一軸打法でスイングを改善

アイアンの飛距離が安定しない人に、とってもおすすめの打法が
あるんです。


それは、左一軸打法と言います。
初めて聞く打法かも知れませんが、トッププロも取り入れだしているようです。

>新左一軸ゴルフ上達プログラムはこちら<

この打法をマスターすると、スイングが驚くほど安定するようになり、
アイアンの飛距離がグンと伸びるようになります。


また、飛距離も安定するので何番のアイアンで打てばいいのかが分かります。


左一軸打法は、理想のスイングと呼ばれるボディスイング理論を
基本にしているので、正確でパワフルなショットを打てるスイングが可能に
なるのです。


アイアンの飛距離の安定感を増すために、積極的に動かす部分と、
意識して動かさない部分、という、体の動かし方から学ぶことが出来ます。
基本が身につくのですね。


左一軸打法以外のスイング理論の多くは、腰を回転させる方法を
すすめていますが、腰と腕の動きを一体化させるのは難しいようです。


同じスイングが出来ないとアイアンの飛距離が不安定になり、
スコアアップは望めなくなりますね。


でも左一軸打法をマスターしたら、腕を脇に付け、
腰のパワーでアイアンの飛距離を正確に伸ばすことができる
スイングが可能になるんです。


軸を中心にスイングする左一軸打法は、回転ではなく捻転です。
これで合理的な体の各部分の動かし方が身に付くのが左一軸打法なのです。


アイアンの飛距離が伸びるだけではありません。
思った方向に飛ぶようになり、調子に左右されない正確な
飛距離を出せるようになります。


左一軸打法をマスターするには、マニュアルとDVDで学ぶのがオススメです。


>新左一軸ゴルフ上達プログラムはこちら<









ゴルフアプローチ
スライスを直す
ドライバーの打ち方
アイアンの飛距離をのばす
ドライバーの飛距離
中古のゴルフクラブ

代表的なギャグ